この記事は約 15 15 秒で読めます。

徳之島の秘伝草 万咲(まあざく)

☆徳之島の秘伝草 万咲(まあざく)をAMAZONでチェック

green_btn

何だか体がすっきりしないなぁ…とか、そろそろ健康に気遣って何かサプリでも飲んだ方がいいいかなぁ~なんて、現代人なら誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

それもそのはず、現代社会を生きる私たちは老若男女を問わず、健康に対して何らかの不安の1つや2つ持っていたりしますからね~。

あなたはどうですか?「健康に不安なんて全くない!!」と言う人は今の社会、ほんの一握りしかいないのではないでしょうか。

でも、思い立ってサプリや青汁などを利用しよう!と思っても、最近の健康補助食品の類は「目的が特化」し過ぎていて、一体どれが自分にぴったりなのかわからない…という声もよく耳にします。

そんな人におすすめしたいのが、今回ご紹介する「万咲(まぁざく)」なんですよね。

「徳之島」産の万咲だから価値がある?!

続けてよかった秘密

製品の「万咲(まぁざく)」を生産している徳之島は、鹿児島県に属する奄美群島の離島の1つです。

人口約27,000人程度の小さな島ですが、合計特殊出生率の高さは国内1~3位までを島内の3町が占めていて、しかも今まで長寿世界一になった方を2人も輩出しているという「健康・長寿」の島として有名です。
(※合計特殊出生率とは1人の女性が一生に産む子どもの平均数を示す言葉です。)

徳之島はこのように、健康や長寿で各研究機関から熱い視線を集める島であるので、今までに幾度も「島の秘密」が調査されてきました。

鹿児島大学の調査では、徳之島の土壌は「海水に非常に似ている」ということがわかりました。

さらに、徳之島の特産品である「さとうきび・ばれいしょ・パパイヤ」は作物中の「Fe(鉄)」「Zn(亜鉛)」「Mn(マンガン)」が本土で育てるものよりも豊富に含まれていることもわかりました。

つまり、徳之島というのは、珊瑚で形作られた島そのものが「健康と長寿」の秘密だとわかったと言えるのですね。

そんな徳之島で育てられる万咲は、別名「長命草」とも呼ばれる植物で人間の生命維持に欠かせない「アミノ酸」が18種類、そしてたっぷりのビタミンやミネラルを含んだせり科の多年草。

万作はこのアミノ酸とビタミン、ミネラルが「老若男女」のそれぞれの悩みに適するようにフィットして健康を取り戻してくれます。

万咲×若い人=将来の健康不良債権を減らす?

現代社会を生きる若い人が不摂生しがちなのはやはり「食生活」ではないでしょうか。

あなたも1週間の食生活を振り返ってどうですか?野菜は充分摂れていますか?

現代の日本人の野菜摂取量は、30年前の昭和60年と比較しても約2割も減っているのです!

平成22年の国民健康・栄養調査によると、日本人の野菜摂取量は1日平均で268.1g!(これは全世代の平均です。)

成人の1日の野菜摂取の目標量は350gなので、ほぼ100g程度不足していますよね。

ただ、若い世代に限るとこの目標の350gに対して7割程度(250g弱)しか摂取できていない人がほとんど……。

人数の割合では、1日の野菜摂取量の目安になる「5皿以上」、野菜を食べている成人は男女共に3割程度。

およそ7割の成人は、1日の野菜摂取量が足りていないという現実があるのです!!

また、野菜が不足しているだけでなく、現代日本の若者は「過剰なカロリー摂取」をしているという恐怖があります。

お肉や脂肪分の高い食べ物、糖分の高いお菓子や飲み物、こうした高カロリーの飲食物は今や日常にあふれていますからね。

若い頃はギリギリ、高カロリーのものを日々食べていても、すぐに身体に異常が出てくることはないかもしれません。

しかし、高カロリーの食事を摂取し続け、野菜不足を解消しないままにしておくと、必ずその弊害は出てきます。

若いころの「無茶」というのは、負の貯金のように身体に「マイナス」を蓄積して、将来のあなたの身体をむしばむのです。

ですから、若い頃から、できれば野菜は積極的に摂取する必要がありますし、もしそれがどうしてもできないのであれば、不足しているビタミンやミネラルを栄養補助食品で補う方が賢明なのです。

万咲には青汁のベースとなることの多い「ケール」という高栄養の植物の23倍のビタミンEが含まれています。

ビタミンEというのは、強い抗酸化作用があるので、毎日の高カロリーな食事で発生する「活性酸素」による体への負担を軽減してくれる効果が期待できます。

その他にも、豊富なアミノ酸や各種ミネラル・ビタミンは身体の調子を基礎的な部分から整えてくれるので、乱れがちな食生活からくる体の不調を整えてくれる効果もあります。

「若いから大丈夫」そんなことを言って現実の不摂生から目を背けていると、将来のあなたを待つのは健康に対する「大きな負債」になりますよ。

万咲×年齢を重ねた人=免疫力upで病気知らず?

長寿世界一

厚生労働省が2015年10月7日に発表したところによると、2013年度の国民医療費(確定値)は前年度比2.2%象の40兆610億円だったそうです!!

国民1人当たりでは、2.3%増で31万4700円。

これは深刻な高齢化の進展や、医療技術の高度化など、色々な要因が絡んでいることではありますが、現代社会の「乱れた食生活」や「不摂生」のツケも幾分かはあるはず。

というのも、現代日本人は慢性的に野菜不足な食生活を送っていますし、過労働・過少睡眠になっています。

団塊の世代は他の世代に比べて「タフ」な人が多いとは言われていますが、その分、若いころに無理をしてきた人もいっぱいます。

あなたが団塊の世代以上であるなら、自分の人生を振り返ると「若いころは無茶したよな…」という思いがきっとあるはず。

そうした「無理」というのは必ずどこかに歪みをもたらしていて、多くは無理がきかなくなった頃に体の異変となって出てきたりします。

その「無理のシワ」が寄ってきやすい部分と言うのは「病気のなりやすさ」をつかさどる部分、つまり「免疫力」って部分です。

そもそも人は年を取ると免疫力が落ちてくるのですが、若いころに無理をしてきた人とというのは高血圧だとか糖尿病、脳梗塞などのリスクを高めに持っているので、免疫力に心配な点が多くあります。

それを気にせず放置すると、楽しいはずの老後は一気に「早い要介護生活」に変わってしまいます。

ここでご紹介している万咲は、人間の生命維持に必要なアミノ酸が18種類も入っていて免疫力upにかなり効果的なのです。

アミノ酸をしっかり摂れるというのは、身体の新陳代謝を正常に保てるということにつながるので、身体の各細胞が健康に維持できます。

ということは、免疫細胞もしっかりした状態でピチピチいられるということ!

健康の礎はまず体を壊さないことが1番。

そのためには、しっかりと体を守ってくれる免疫力を養っておかなければなりません。

忙しく働いて、やっと自分のための時間が持てることになった時、あなたは即要介護の道に進みたいですか?

万咲×男性=活力のある毎日は健康から!

現代の日本って女性の社会進出が進んできたとは言いますが、だからと言って男性の仕事の負担が減っているかというと全然そんなことはありませんよね。

日本の社会的な性役割はなかなか旧態依然としたままなので、育メンを増やそう!という社会的なプレッシャーはあるものの、そうしたくても仕事は短時間で終わることを良しとしてくれません。

仕事は従来通りこなさなければならない、けれど家庭でもしっかりした役割を担うことが求められる…。

現代を生きる男性は、結構ギリギリのところを毎日綱渡りのような状態で全力疾走している感じです。

こうなると自分の健康に気遣うことも、毎日の生活を振り返ることもしにくく、気が付いたらコレステロール値は上がり、中性脂肪は増え、肝臓の数値もちょっと心配…なんてことに。

ストレス過多の現代を生きる男性は、それでも毎日の生活を簡単に変えることができないので、自分の健康維持に「トクホ」系の飲食物を摂ったり、サプリで栄養不足を補ったりしています。

あなたはいかがですか?自分の健康を考えてそうした食べ物や飲み物を摂ったりしていませんか?

こうしたトクホ系のものや、健康補助食品としてのサプリメントなどはもちろん何もしないよりは健康に対してプラスになるものです。

しかし、できたら、もっと野菜不足解消に繋がったり、身体の栄養バランスが整うようなものを選んでほしいな…というのが本音といったところ。

この本音を「実生活」に役立つ形でおすすめできるのが、今回ご紹介している「万咲」なんですね。

18種類のアミノ酸と、豊富なビタミン・ミネラルは普段の不足しがちな野菜の代わりにあなたの身体の調子を整えてくれます。

さらに、現代の男性の多くをひそかに悩ませている「男性の便秘」にも、万咲由来のたっぷりの食物繊維が効いて、お腹はすっきり快調になるでしょう。

腸内環境が整うというのは、栄養の吸収や病気への免疫力も上げてくれるので、万咲を続けることであなたはきっと「身体全体」の調子が整ってくるのを感じるはずです。

これはエンジンオイルを古くドロドロとしたものから、新しく高価なものに変えるくらいの違いです。

健康に気遣うことを考えた今、それでもあなたは何も行動を起こさずに、古くなって真っ黒いままのエンジンオイルでこの先の人生も走り続けていきますか?

万咲×女性=身体はすっきり若々しくなる??

多くの女性の悩みとなるものに「便秘」と「むくみ」、「冷え」があります。

女性の身体は基本的に月経サイクルや女性ホルモンであるエストロゲンなどに影響を受けているため、そうしたものの作用でむくみやすい時期や冷えやすい時期、便秘になりやすい時期というものがあります。

しかし、現代社会の女性はそうした原因以上に、食生活の乱れや生活リズムの乱れ、また過剰なストレスや運動不足などを原因として便秘やむくみ・冷えを重症化させているケースが相次いでいます。

また、食生活の乱れでは鉄分やカルシウム、葉酸と言った「より女性の身体のために必要な」栄養分がとてもじゃないけれど足りていないので、女性は健康だけでなく、妊娠や出産といったことにも不利な状況を招きやすくなります。

すでに更年期を迎えている女性については、カルシウムやビタミンの不足で更年期以降の骨粗しょう症が重症化するケースも後を絶ちません。

ではこうした悩みは何で解決するのがベストかと言うと、本当にベストなのは「完璧に整った食生活」と「完璧な生活リズム」、さらに「適度な運動」をすることです。

けれど、この忙しい現代日本において、どれだけの女性が自分のためにこんな時間と手間をかけられるのでしょうか?

ほぼ全ての女性が、こうした「健康対策」をしたくでもできない状況だと思います。

ではできる限り、自分の身体を健康に近づけるためにはどんな方法があるのか?というと健康補助食品を上手に利用するということなんですね。

身近な健康補助食品にはサプリメントや青汁などがありますが、今回ご紹介している万作もその1つと言えるでしょう。

万作はたっぷりの食物繊維が、慢性的な便秘もすっきりと解消してくれますし、葉酸がしっかりと含まれているので妊活をしている女性にも人気です。

他にも、排尿改善効果のある「クマリン化合物(イソサミジン)」も入っているので、女性の多くが悩んでいる「むくみ」改善にもぴったりです。

もちろん18種類も入っているアミノ酸や、豊富な各種ビタミン・ミネラルは美容効果も抜群なので、健康だけでなく美容目的で始めてもgood!

巡りの悪い体は「体の気」そのものが淀んでいる証拠。

そんな巡りの悪い気を持つ女性は魅力も半減するというもの。

あなたは悪い気をまとったまま、笑顔の少ない毎日を送ることを望んでいますか?

「万咲 徳之島の長命草」って実際はどんなものなの?

ここまで、万咲がそれぞれの人にどんな効果があるかご紹介してきました。

ではどうして万咲はこんなに色々な人に対してそれぞれに高い効果を見せることができるのでしょうか?

18種類のアミノ酸

豊富なアミノ酸とビタミン

万咲にはなんと18種類のアミノ酸が含まれています。

アミノ酸というのはヒトの身体を作り、維持していくために絶対に必要な成分です。

特に必須アミノ酸は身体の構成・維持に欠かせないもの。

こうした「健康に欠かせない」成分であるアミノ酸が、万咲には18種類も入っているんですね。

自分自身は栄養を考えて食事を摂っているよ?という人でも、現代では相当気遣っていないと充分な種類のアミノ酸を摂取する生活を続けるのは難しいこと。

ましてや栄養が偏ったような生活を続けている人は、どうしたって充分な種類のアミノ酸を摂る食生活はできていません。

必要なアミノ酸が不足するような生活を続けると、身体を健やかに保つことがどうしても難しくなるので、何とか健康を維持できていたとしても、老いは通常より早く訪れるでしょう。

健康でイキイキした毎日を送るためには、必須アミノ酸を含む充分な種類のアミノ酸をしっかりと摂る必要があるんですね。

豊富なビタミン・ミネラル

充分なアミノ酸を摂取することが健康な生活を送るポイントであることに違いないことは上でご紹介した通りです。

でもだからと言ってアミノ酸だけ摂っていればいいのか?というとそんなことはないですよね。

アミノ酸をしっかりと身体の中で有効に使うには、栄養摂取の潤滑油ともいえる「ビタミン・ミネラル」をきちんと摂取「し続ける」ことが肝心。

万咲にはアミノ酸だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

その量はというと、ビタミンEはケールの23倍も!

他にもほうれん草に比較しても、それぞれのビタミンやミネラルは万咲が何倍も多く含んでいるのです。

ほうれん草との差が1番あるビタミンB2で言うと、およそ10倍も万咲の方がビタミンB2を多く含んでいるのです。

1番差がないビタミンCですら、ほうれん草の3倍の量を含んでいるというから驚きです。

こうしたビタミンとミネラルをバランスよくたくさん摂れると、アミノ酸もその力を体でしっかりと発揮できるので嬉しいですよね。

また、鉄分やカルシウムと言った現代人にとって続けて摂取することが難しい成分もきちんと含んでいるのが頼もしいんですよね。

ビタミン・ミネラルの不足した生活を続けると、気づかないうちに体の中は錆びてボロボロに…。

外側をいくら取り繕っても、内側の錆びはいつか外側にまで浸食してきますよ。

早めに対処をしたいものですね。

食物繊維もたっぷり

身体の内側の錆びをビタミンやミネラルで防御できたとして…そうして出てきた「老廃物」はしっかり体外へ排出できていますか?

せっかくのアミノ酸やビタミン・ミネラルの働きも、老廃物の排出機能が落ちていると水の泡…です。

つまり、便秘などになっていると、身体の中の健康は維持しづらいということ!

万咲にはたっぷりの食物繊維が含まれているので、毎日続けることでお腹の中はすっきりしてきます。

女性は気になる「下腹のぽっこり」もすっきりして、気が付くと下腹ぺったんこ!ということも。

今は子どもも男性も便秘で悩む時代です。

よく風水で「運気を上げるには片づけをすることが大重要!」と言いますが、これは健康も同じ。

どんな年代の人でも、健康を求めるなら「先ず体内の清掃から」ということで、便秘は早々に改善させることが大事なんですよ。

万咲を利用した人が語る「おすすめポイント」って何?

長命草愛用者の声とは

万咲を利用する人の多くは、今までに別の青汁や健康補助食品を試したと言う人が多いんですよね。

そうした人が、なぜ「万咲」を選んだのか?というと、やはり万咲の栄養成分や効果の高さが大きなポイント。

ケールも大麦若葉も、明日葉もクマザサも、青汁の原料になるものはどの植物も栄養価は高いですし、健康に良い部分もたくさんあります。

製品によっては有機栽培で育てた原料を使っているものもありますし、安全性にも気遣っている製品は多いですよね。

ただ、その中においても、万咲は「徳之島」だからこその特徴がたくさん。

徳之島そのものが土壌に健康に良い秘密を持っているので、そこで育った万咲は通常のものより栄養価も成分も高くなるんですよね。

この「徳之島」だからこその特徴が、色々な青汁などを試した人を「万咲」を選ばせていると言っても過言ではないでしょう。

利用者の声としてよく聞かれる「むくみがとれた」とか「活力が出るようになった」「便秘をすることがなくなった」という意見も、徳之島育ちの万咲だから効果を高く感じることができるのでしょう。

あなたが今、すでに別の健康補助食品や青汁などを利用していて「なんか効果が物足りないな…」と感じているなら、そのまま今の製品を続けても、あなたは「現状維持」しかできないかもしれません。

現状維持できるだけでも悪いことではありませんが、年を重ねても元気でいたい、魅力的でありたい、何より今以上に健康になって楽しい毎日を過ごしたい!と思っているなら「ちょっと不満のある現状」を続けるのは満足ではありませんよね。

満足のいく毎日を送るために、あなたにできる最善の1歩を選ぶことは、あなたの今後の健康と日々への何よりもの投資になるはずですよ。

☆徳之島の秘伝草 万咲(まあざく)を最安値で購入できる公式サイトはここ☆
※AMAZONへと飛びます。

green_btn

The following two tabs change content below.
ミチコ

ミチコ

当サイトでは、日本国内の数多くある青汁を徹底的に「成分」「価格」「飲みやすさ」の点から比較しているサイトです。青汁の製造に長年携わってきた管理人だからこそお伝えできる本当におすすめできる青汁を、あなたも一度試してみてください。