この記事は約 17 13 秒で読めます。

大人の青汁シトルリン桑抹茶

green_btn

青汁と言えば「健康食品」の代表で、多くの青汁製品は「老若男女を問わず愛飲できます」と謳っています。

確かに、子どもから高齢者にまで飲める製品というのは魅力があります。

でも…大人の男性なら「どうせ飲むなら『大人の男性の欲しい効果』に強いものはないかな…?」とひそかに思ったりしませんか?

マカやニンニク系の「明らかに精力系でしょ!」という栄養補助食品は、家族に見つかるとちょっと気恥ずかしいですし、こっそり飲もうとしていると続けるのも大変…。

でも今回ご紹介する「大人の青汁」なら、そもそも製品としては「青汁」なので、家族に見つかっても「健康を気にしているのね~。良いこと良いこと」くらいにしか思われません。

だから毎日続けやすいです。

しかも、精力系の効果はもちろんですが、青汁本来の「健康維持」や「メタボ解消」にも◎です。

女性はそれこそ若いころからアンチエイジングや美容を意識していますが、男性だってきちんと自分の身体を気遣っている人とそうでない人は同窓会なんかでその差は歴然となっちゃいますよ。

久しぶりに会った友人に心中「アイツ老けたな~!」なんて小ネタにされるのはちょっと悲しいですよね。

はつらつとした日々を送り続けたいと思っているなら、ここらで一歩踏み出してみませんか?

大人の男性に必要なのは「気が付くこと」と「始めること」

男性の悩みに効く

世に青汁商品はそれこそ星の数ほどあるように思えますが、冒頭でもお伝えしている通り、そうした青汁の多くは「飲みやすさ」を追求しているものが多いんですよね。

飲みやすさを追求している=子どもや高齢者にも飲みやすいということで、結果として効果も子どもや高齢者の身体に負担がないくらいの効果になりがち。

多くの青汁製品の効果としては「便秘解消」とか「野菜不足解消」などが期待される効果の大半になるのが通常なんですよね。

もちろんこうした便秘解消とか野菜不足解消という効果は、大人の男性にとっても嬉しい効果であることに変わりはありません。

何もしていない人よりは、どんな青汁でも飲んでいる方が「野菜不足」や「ビタミン不足」は解消できるのは間違いないこと。

でもせっかく「青汁」を飲み続けるならやっぱり「普通以上の効果」を期待したくなりませんか?

特に男性なら、青汁を飲むだけで精力とか活力系の効果が上がると正直とってもウレシイってもんですよね。

あなたが仕事と家の往復で疲れ切っている自分をどうにか変えたいと思っているなら、そう思っている「今」が大事…。

このまま、何も試さず何も変わらない日常を送り続けるままなら、加齢に応じて減っていく「男性ホルモン」の影響でさらに活力も精力もどんどん落ちる一方です。

もっと怖いのは、男性ホルモンの減少を「放っておく」こと。

男性ホルモンの減少を放置して「LOH症候群」という男性の更年期が重くなると、ひどい人ではこのLOH症候群の影響で物忘れがひどくなりや物覚えすら悪くなってしまうんです…!

「あなたがもし、男性ホルモンの減少?ナニ言ってんの!俺は全然大丈夫だよ!!」なんて高をくくっていると、気が付いた時には周りの人より10歳くらいは簡単に老け込んでしまうかもしれません。

妻や家族から早々に「オジイチャン」呼ばわりされてないがしろにされるのをあなたはお望みですか?

恋人から「やっぱり年上だから老けててイヤ」なんて言われることをあなたはお望みですか?

男性だって何もセルフケアをしなければ、若くあり続けるなんてできないんですよ!

大人の男性は何に悩んでいる?どうして大人の青汁シトルリン桑抹茶がおすすめ?

男性特有の悩み

さて、このページで紹介し、名前が挙がっている「大人の青汁」は正式名を「大人の青汁シトルリン桑抹茶」と言います。

ちょっと長いので、ここまで「大人の青汁」と書いてきたのですが、この大人の青汁がどうして男性の期待に応えられるかというと、正式名にもある「シトルリン」という成分のおかげなんです。

シトルリンは身体の維持や細胞の活性に必要なアミノ酸の1種なので、上手に毎日摂り続けることで身体に活力をもたらしてくれるのです。

あなたはここ最近、「何だか疲れやすくなったなぁ」とか「どうも性欲が落ちた気がする…」とか感じたことはありませんか?

そして、そうしたことを感じた時に「俺って男として大丈夫??」とか一抹の不安がよぎったりしてませんか?

さらに、その不安を解消しようと、精力増強系のサプリなどを飲んだことははありませんか?or飲もうと思って調べたことはありませんか?

もっと言うと、そうした精力増強系のサプリが続かなかったり、あまり効果を感じられずがっかりしたことはないですか?

こうした不安とじっくり向き合ってくれるのが、ここでご紹介している「シトルリン」という成分なんです。

現代社会の男性は、ストレスフルな毎日を送っている人が大多数。

誰しも表面上は「俺は元気!!」を装っていても内面は「疲れ」や「不安」「ストレス」でいっぱい…。

仕事や家庭でこうした状況が続くと、男性の体内では「男性ホルモン」の分泌が少なくなってしまうことがあります。

男性ホルモンの分泌が正常にできるかというのは、ストレスやリラックスと深く関わっているホルモン。

ですからストレス過多!リラックスしづらい!という生活環境では男性ホルモンはなかなか正常に分泌されにくくなるのです。

しかも男性ホルモンは「男性を男性足らしめる」役割をしているので、減ってしまうと精力も活力も性欲もやっぱりどんどん減退してしまいます。

こうなるともう後は悪循環で、ストレス→男性ホルモン減少→不安→ストレス…と、どんどん負のサイクルに乗っちゃうんですよね…。

ただ、こうした不安を何とかしたい時に「大人の青汁シトルリン桑抹茶」を始めることができれば、あなたの生活が少しずつ変わってくることを実感できるはず。

多くの愛飲者の感想に挙がるように、あなたもこの「大人の青汁シトルリン桑抹茶」を飲み始めると「血行が良くなる」ことを第一に感じられるでしょう。

これは「大人の青汁シトルリン桑抹茶」に含まれている「L-シトルリン」が体内の液体の巡りをよくするから。
(シトルリンの詳しい解説は後程しますよ!)

体内の液体の循環がよくなるということは、近頃多い男性冷え性の改善にももちろんつながりますし、血行の改善は活力向上にも役立ちます。

また、シトルリンと同じく、名前の中に入っている「桑抹茶」の「桑」は腸内での糖質吸収を穏やかにしてくれるので、肥満やメタボの解消に役立つんです。

男性としての魅力を取り戻し、加えて健康を維持できることで魅力はますますupさせられる「好循環」は、あなたにもぜひ体験してもらいたい「成功体験」なんですよね。

何もしなければ「アイツ老けたな~」どころじゃなく「アイツ俺たちと同じ年だったよな?」とか「おいおいアイツ大丈夫か?」と言われかねない中年以降の同窓会。

あなたはアンチエイジングやセルフケアをしている同級生の若さを、指をくわえて見つめているだけでいいのですか?

健康や活力に不安を感じる今が岐路……10年後、20年後の自分をどんな自分にするかは、今のあなたの行動にかかっているんですよ。

「大人の青汁シトルリン桑抹茶」についてもっと知りたいあなたに!

「大人の青汁」を飲めば健康も維持でき、魅力も上がることはわかった、でもそれは一体どんな根拠があって言ってんの?

物事の根拠を知りたい知性派のあなたに、「大人の青汁シトルリン桑抹茶」に含まれる成分の何が大人の男性に効果をもたらすのかなど、この製品の詳細をご紹介していきます。

シトルリンをはじめとする「アミノ酸」がたっぷり配合されている

アミノ酸が大量に配合されている

「大人の青汁シトルリン桑抹茶」の名前にもある「シトルリン」。

この製品に配合されいてるのは「L-シトルリン」という種類のものです。

シトルリンというのはそもそもアミノ酸の一種で、日本の「スイカ」から発見されたアミノ酸なんです。

ちなみに、シトルリンは体内でも「シトルリン」として働くのかというとそうではなく、シトルリンは体内では「アルギニン」になることで効果を発揮することになります。
(※アルギニンもアミノ酸で、たんぱく質を構成するという重要な役目があります)

アミノ酸は細胞を作り維持するために欠かせない物質ですが、特に大切な9種類の必須アミノ酸に関して、体内で充分な量を作り出すことはできません。

つまり「必須アミノ酸(完全必須アミノ酸)」と言われるものをは食事などから摂取することが欠かせないものなのです。

大人の青汁シトルリン桑抹茶には、この必須アミノ酸9種類のうち、5種類の必須アミノ酸が配合されています。

これだけでも、身体の基礎的な構成を支えてくれるようになるので、今までの「何もしていなかった」時と比べると体の調子が良くなっていくことを感じられちゃいます。

シトルリン(アルギニンも)は必須アミノ酸のなかには入ってはいないのですが、成長期には「身体を作る」アミノ酸として補充的な摂取が欠かせないアミノ酸です。

先にもご紹介していますが、アルギニンはたんぱく質を構成するアミノ酸なので、不足するとどうなると思いますか?

そうです、たんぱく質を構成するアミノ酸が不足するということは「筋肉」が衰えたり「精子」が衰えたりすることにも関係アリ…ということなんです。

筋肉が衰え、性的な活力も衰退するということは、男性としては緩やか~に「終わり」に近づいていくということ。想像しただけで「それは勘弁!」って感じじゃないですか?

人によっては70代以降も30代と変わらない男性ホルモン量を維持している人もいる一方で、30代後半にすでに70代の平均男性ホルモン量を下回る人もいるのです。

そうした人の多くは、先天的な病気などが原因というわけではなく、日常生活の中で食生活がかなり乱れていたりするからなんですよね~…。

男性が食生活を乱れさせてしまうと、先ず不足するのが野菜などのビタミンなのですが、実は脂肪分の多いものを摂りすぎてメタボになり、そのせいできちんとした栄養摂取ができなくなっている人も多いのです。

例えば、食生活で「肉ばっかり」食べているから「たんぱく質」は摂ってるよ?と思っていても、実はそれ以上の脂肪分を摂っているから、実際には必要なたんぱく質の摂取が阻害されていたり…。

もっと言うとシトルリンが変化する先のアルギニンは「ナッツ類」「大豆」「玄米」「レーズン」「牛乳」などに多く含まれるのですが、こんな食べ物摂ってないよ!という人はアルギニン必要量が不足しがち。

さらに、シトルリンは体内でアルギニンに変わる際に「一酸化窒素」を産出するのですが、これが不足すると身体の巡りに影響がでてくるんです。

一酸化窒素は身体が「起立する=起き上がる」ために必要なチカラのサポートを始め、巡りや流れをサポートしてくれるんですよね。

年を重ねるにしたがって、前より冷えやすくなったという人は特に要注意!それ、体の巡りが確実に悪くなっていますよ。

最近、男性の間でも悩みが深くなっている「男性の冷え性」は、アルギニンや男性ホルモンの不足による筋力の低下と、一酸化窒素の不足による巡りの弱まりが原因の1つとも言えますからね…。

シトルリンを摂取する時のワンポイント

ここまでシトルリンの働きや、シトルリンが体内で変化した後の物質「アルギニン」の働きについてご紹介してきました。

これだけを読むと、う~ん、シトルリンって体内でどうせアルギニンになるっぽいから、最初からアルギニンのサプリとか飲んじゃだめなの?と思うかもしれません。

確かに、な~んにもしないよりは、アルギニンのサプリを飲んでいた方が、健康の維持はできるでしょう。

しかし、実際にはアルギニンをアルギニンとして摂取するより、シトルリンとして摂取したほうが「最終的」な体内への吸収率が良くなるという研究もあります。

これはアルギニンをアルギニンとして摂取すると、その大部分が肝臓で分解されてしまうからなんですね。

また、市販されているアルギニンサプリで入手しやすい安価なものは、原材料が中国などの国外産のものが多いので、安全性についても疑問符がもたれるものが多いのです。

青汁の「ベース」成分に注目

青汁のベース成分も優れている

青汁が世に登場した頃、そのベース成分のほとんどは「ケール」と言われる植物でした。

これはキャベツの仲間で、かなり青臭いのですが、とっても栄養価の高い植物です。

長年、青汁の原料にはこのケール以上のものはない!とされてしばらくの間は「青汁=まずい」というイメージが強かったですよね。

でも、今ではそのベース成分は「大麦若葉」とか「明日葉」、「クマザサ」、「桑の葉」など色々な青汁が販売されるようになっています。

こうしたベース成分の中で、最も飲みやすいのは「大麦若葉」と言われていて、それこそ老若男女を問わず飲めるものが多いんです。

大麦若葉の青汁なら、試供品などで口にしたことがある人もいるのでは?

ただ、大麦若葉青汁には、大人の青汁のベースになっている「桑の葉」ほどの栄養価は期待できないんですよね。

食物繊維などは豊富に含んでいるので、便秘解消などに効果を上げたいだけなら全く問題ないんですが…。

けれど、大人の男性は便秘解消が目的で青汁を飲んでいるわけではないことがほとんど。

では大人の男性が必要としているのは何か?と言うと、毎日の活力upとか外食が多くて不足しがちな栄養素を補給したいってこと。

桑の葉には、他の青汁ベースになる植物の中でもより多くのアミノ酸が含まれていたり、何より桑の葉特有のDNJという成分が大人の男性の悩みにピンポイントで効くのです。

桑の葉特有のDNJというのは、食べ物からとった糖質の、身体への吸収を緩やかにしてくれる成分!

これは外食が多くてカロリーが高めの食事を摂っている男性にはウレシイ成分なんですよね。

一般的に現代の男性の食事と言うのは総じて高カロリー(のくせに栄養は偏っている!)なので青汁の様なもので体を気遣っていなければ、高脂血症などになりやすくなります。

青汁の種類についても、「どんなベースのものが自分に合うのかな?」とちょっと調べて選ぶだけで、自分の生活習慣や食習慣にフィットしたものにできるんですよ♪

他の青汁と大人の青汁シトルリン桑抹茶はここが違う!!

100%国産と言い切る

あなたはこれまでに青汁製品を飲んだことってありますか?

身体のことを考えると「何かやった方がいいよな~」ということで、ドラッグストアなどに置いてある青汁くらいなら飲んだことがあるかもしれません。

お試しに買った時は「このくらいの値段ならもしまずくても許せるかな」なんてリーズナブルなものを選んだりしませんでしたか?

でも、そうした「手に入りやすく・リーズナブル」な青汁製品はやっぱり「リーズナブル」になる原因があるんですよね。

大体、手に入りやすかったりするものは、主な原料が「外国産」だったりします。

中には数種類の植物をブレンドして合って、「○○は国産!」と書いてあるものもあるかもしれません。

しかし…国産の植物の割合をみるとほんの数%とかで、他のベース植物は結局外国産…というものは多くあります。

外国産の原料の全てを否定することはありませんし、企業によっては外国に自社農園を持っていて、そこから原料を調達している企業もあります。

が、それははっきり言ってごく一部にすぎません。

身体のことを考えて摂り入れるものなら、やはり「安心」とか「安全基準」をきちんと満たしている、そして生産過程がはっきりしているということは大切。

その点において、大人の青汁シトルリン桑抹茶は、ベースの桑の葉は当然ですが、L-シトルリンも、その他の有効成分である亜鉛酵母も味の決め手の宇治抹茶も100%国産です。

健康食品についての国内の安全基準は厳しいので、すべての原料が国産と言うのは「続ける」ということに関して安心材料になりますね。

有効成分が大人の男性向け

DNJが不要なものを排除

自分の健康を見つめ直して、何か健康補助食品を始めたいな…という時、すでに家族が飲んでいた青汁のご相伴をすることから始めたという人って意外に多いです。

青汁はそもそも健康のために良いので、どんなものでも飲んだ方が体調は良くなると思います(成分にアレルギーがある時なんかは別ですが)。

でも、家族が選んで飲んでいる青汁が大人の男性であるあなたの悩みにフィットするかどうかはわかりませんよね。

もし妻や恋人などが飲んでいる青汁が「便秘解消」とか「女性の悩みに添ったもの」であれば、それって男性であるあなたの悩みには効果はあまりない可能性の方が高いです。

そんな「自分に効果のない青汁」を飲み続けて「青汁って思ったより効果ないな」と思うのはちょっと待って!

大人の青汁シトルリン桑抹茶に関しては、成分が大人の男性向けなので、男性にはきっと「あ、これは効くかも」と感じられるはずです。

ここまでご紹介してきた「L-シトルリン」は活力や精力回復・維持に効果が期待できますし、桑の葉はコレステロールや血糖の調節に効果ありです。

さらに、まだお伝えしていなかったのですが、実はこの大人の青汁には「亜鉛」が豊富に配合されているので、これもまた大人の男性の身体にプラスの効果を見せてくれます。

亜鉛配合の青汁は意外と少ない

亜鉛と言うのは人間が健康な生活を送るうえで欠かせない「必須ミネラル」の1つで、厚生労働省からは13種ある重要なミネラルのうちの1つとして「1日に必要な摂取量の基準」が設けられているほどです。

亜鉛を豊富に含んでいる食材としては、牡蠣や卵黄、牛肉(赤身)があるのですが、これらの食材はカロリーも高いので、亜鉛を食事で充分摂取するとなるとカロリーを気にしつつになり結構難しいのです。

恐らく、あなたの日々の食事を振り返っても、結構卵黄や牛肉を食べていると思っている割には亜鉛の摂取自体はそんなに多くなかったりするはずです。

ただ……男性にとってツラいのは、亜鉛って不足すると「男性能力」に関わってくるってことなんですよね。

なんと言っても亜鉛と言うのは別名を「セックスミネラル」というほど、精力に関わっているミネラルだからです。

精力や性欲が減退しているのは、加齢のせいではなくて、あなたの毎日の食生活のバランスのせいかもしれませんよ?

気づいたその時に、食事バランスを整えるというのが健康への第一歩です。

放置して活力も精力も性欲も取り返しのつかないことになる前に、亜鉛を程よく補給して自分を労わることは大事なのです。

気が付いたら30代後半から早々に男性更年期に突入して、検査をしたら70代の平均男性ホルモン値を下回ってた…というのは大げさな話ではないのです。

大人の青汁に配合されている亜鉛は「亜鉛酵母」と言う形で、酵母培養で作られた「有機亜鉛」です。

吸収率にすぐれた天然型のミネラルなので、バランスを崩している食生活を少しずつ立て直してくれるはずですよ。

ちなみに、この亜鉛酵母には亜鉛が10%含まれています。

ということは、大人の青汁を飲むだけで今までより10%分は亜鉛の摂取量が上がるということですよね。

逆に言えば、何もしなければ亜鉛の摂取量が上がることなく、男性としての魅力が10%ずつ落ちていくと考えてもいいくらいです。

健康への不安や、なんとかしなきゃって気持ちは、気づいたときに「何か」を始めるのがとにかく大事。

始める機会を先延ばしにするほど、健康に向かうための体の不良債権は増え続けます……。

自分に自信を取り戻すための1歩を踏み出すかどうかはあなた次第なのです。

☆大人の青汁シトルリン桑抹茶を最安値で購入できる公式サイトはここ☆

green_btn

The following two tabs change content below.
ミチコ

ミチコ

当サイトでは、日本国内の数多くある青汁を徹底的に「成分」「価格」「飲みやすさ」の点から比較しているサイトです。青汁の製造に長年携わってきた管理人だからこそお伝えできる本当におすすめできる青汁を、あなたも一度試してみてください。