この記事は約 0 54 秒で読めます。

生青汁

green_btn

青汁と言えば今では健康食品の代表格。

多少、味が「…」であったとしても、それを我慢して然るべきな効果が期待できる健康食品って感じですよね。

世の中に出回る青汁のほとんどは粉末状のものを溶かして飲むタイプ。

なので、製品によっては粉末に加工する段階でそもそもの栄養成分が半減しているものもあるのです…(涙)

ところが!今回ご紹介する生青汁は違います!

この生青汁も粉末状の青汁ですが、中にはなんと、「生きた」酵素が入っているのです!!

しかも生青汁には乳酸菌も豊富に含まれていて、1杯でなんと201億個の乳酸菌が摂取できちゃいます…!

普通に売られている乳酸菌飲料より配合が多いって驚きますよね。

「生きた」酵素とたっぷりの乳酸菌が配合されいてる生青汁は今までになかったタイプの青汁なんですが、実はほかにもすごいところがあったんです。

一体どんなところがすごいのでしょうか?

生青汁を飲むことで今までの食生活が180度変わる!

あなたの生活に酵素は足りているか?

生きた酵素と乳酸菌

健康な身体を維持するために「酵素」が必要なことはわかった。でも酵素ってそもそもどうして身体に必要なの?と思ったあなた!!

それは非常~に良い疑問です!

では酵素とは身体にとってどうして大切かと言えば、それは「生命維持に欠かせないから」と言えます。

人間の生命維持に必要な酵素は「消化酵素」「代謝酵素」という体内で作られる酵素と、「食物酵素」という食事によって得られる酵素があります。

消化酵素とはそのまま、食事を消化する際に必要になる酵素で、代謝酵素は細胞の新陳代謝に必要な酵素となります。

これらは食事のよって得られアミノ酸から生成されるのですが、体内で役立つ酵素に「よりなりやすい」状態の「食物酵素」という酵素もあります。

酵素の話になると、よく酢豚のパイナップルが例に挙がるのですが、あの酢豚に入っているパイナップルは何も野菜嫌いのために入れているわけではありません!

パイナップルがもつ酵素が肉を柔らかくし、さらに肉の体内での消化を助ける(消化しやすくする)ために入っているのです。

このように、人間が生命活動を維持するためには酵素がどうしても欠かせないのですが、生青汁には生きた酵素がこれでもか!!というくらい入っているのです。

あなたの現在の生活を振り返ってみるとどうですか?酵素は充分に摂れているでしょうか??

世の中には酵素ダイエットなんてものもあるように、酵素は代謝にとって重要なんですが、もしこうしたことに目を向けずに暮らしていると、あなたの10年後はあなたが想像しているよりもずっと「老けた」状態になっているかも。

あなたの細胞が毎日、一刻一刻、健やかに生まれ変わるには酵素の補充は必須中の必須!

ちょっとした心がけが5年後、10年後のあなたの元気と美しさのカギを握っているんですよ。

あなたの生活に乳酸菌は足りているか?

乳酸菌配合量

人間の生命維持に絶対欠かせない「酵素」について先ほどお話をしましたが、ヒトが毎日を健康に楽しく過ごすためには酵素だけ充分であれば良いわけではありませんよね。

健やかで快適な生活に欠かせないもののなかでも、地味にかなり重要な立ち位置にいるのは「胃腸の調子」です。

特に便秘や下痢などの腸の調子に関しては、自分でコントロールすることが難しいだけあって、毎日の生活の質に深く関わっていますよね。

しかも最近では、腸の調子が良い=腸にいる善玉菌が多いほど、肌の調子がよくなったり、アレルギーが落ち着いたりということにもつながると言われるようになっています。

もっと最新の研究では、自閉症スペクトラムなどに悩む子どもには腸内の善玉菌を増やすと少しずつ症状が改善に向かうことがあるという研究もあるほどです。

一昔前までは、腸内環境というと「便秘を防ぐため」とか「下痢を抑えるため」なんて見方が大半でしたが、今や腸内環境を整えることはそのまま健康で快活な毎日を作ることにつながると考えられているのです。

さてさて、あなたの毎日を振り返るとどうですか?

あなたの腸内環境は良い感じですか?善玉菌のご飯となる「乳酸菌」は、あなたの腸には足りていますか?

実は腸内環境が整っていないというのは、内臓の各種病気へのリスクも高めたりするんですよね…。

下痢や便秘はそのまま小腸や大腸の病気のリスクを高めてしまいますしね。

腸内環境が悪くて栄養の吸収が悪ければ肌の調子も良くなりませんし、せっかく食物として摂っている栄養成分も充分な形と量で体内に吸収できなくなります。

こうした腸内環境の「不整備」が一時的なものであれば良いですが、慢性のものになっていると、それだけで病気のリスクも上げますし、美容の劣化も早めます。

あなたは腸内環境を振り返らないで、美容と健康を捨てても後悔しませんか?

ところで生青汁ってどんな製品なの?

ここまで、生青汁に含まれる「酵素」や「乳酸菌」が身体にとってどんなに大切なものかをお伝えしてきました。

ではその「酵素」と「乳酸菌」を含む生青汁があなたの健康にどんなサポートをしてれるというのでしょうか?

生青汁の「青」を支えるのはこの4つ

生青汁も青汁であるので、原料そのものは、他に多くある青汁と同じく「緑の植物」です。

ただ、生青汁は「単品」の原材料によってつくられているわけではないので、それぞれの原料の良い部分を最大限生かすような配合がされています。

大麦若葉

食物繊維とビタミンC、鉄分が豊富な植物で、最近の青汁にはこの大麦若葉をベースにしたものが多いですね。

抹茶風味で親しみやすい味を持っているのが特徴でもあります。

ケール

最初期の青汁のベースはこのケールがほとんどでした。苦みやえぐみが強いので、最初期の青汁は「不味い」と言いたくなるものが多かったですね。

ただ最近では飲みやすさを高めるために、青臭さを抑えたケールがあったりします。

βカロテン、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいて「野菜の王様」ともいわれるほどの万能野菜です。

明日葉

今日に葉をとっても、明日にはもう新しい葉が出ている…と言われるほどに生命力が強い植物です。

ミネラルを多く含んでいることから、八丈島や伊豆諸島という分布地では昔から「滋養強壮」にも役立つとされてきた日本古来の植物です。

茶葉(緑茶とほうじ茶)

緑茶にはポリフェノールが多く含まれていますし、粉末として飲むことで、食物繊維を得ることもできます。

香ばしい味が特徴の1つです。

生青汁の酵素が「生きている」理由

生青汁の特徴はなんと言っても酵素が入っていることです。

実は青汁って「酵素入り」のものって多くないんですよね。

そう、青汁だからってどんな青汁にも酵素が入っているわけではないのです。

しかし、「生」を特徴とする生青汁は、酵素入りなだけでなく、その酵素が「生きている」というところにまでこだわっているんですよね。

ではどうして酵素を生きているままで配合できるのかいうと、加工法に秘密があります。

通常、酵素と言うのは(たんぱく質なので)40度前後から不活化します。

熱に強いものでは70度前後になるとほとんどのものが不活化してしまいます。

けれども、生青汁は通常の青汁とは製法が異なっていて、採れたての青葉をすぐに丸ごと粉砕し、その後ゆ~っくり低温乾燥させるという方法をとっています。

このため酵素を不活化させることなく粉末にすることができているのです。

酵素が入っていること自体、青汁の中では珍しい方なのに、その酵素が生きて働いてくれるなんて、うれしすぎです。

酵素の力を存分に感じたい!酵素でアンチエイジングしたい!健康になる自分を実感したい!というあなたにおすすめの製品なんですよね~。

生青汁の「生きている」乳酸菌の秘密

乳酸菌の働き

腸内環境を整えるというのは、健康を意識する人にとってはもはや常識となりつつあります。

健康に気遣うあなたも、おそらく日常生活の中で、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで腸内環境を整える行動をしているのではありませんか?

でも、実は腸内環境を整えるためには「自分に合った乳酸菌」が必要だってご存知でしたか?

例えばAさんにはとっても効果のあった○○ヨーグルトが、あなたにとっても効果が高いかどうかは「?」なのです。

確かに効果が高くなくても、乳酸菌を摂取するのとしないのとでは、する方がイイに決まっています。

でも自分のお腹に合う乳酸菌を摂れていなければ、せっかくの乳酸菌パワーを思いっきり感じることができなくなります。

その点、生青汁には「乳酸菌EC-12」と「活性乳酸菌」がブレンドして配合されているので、もし乳酸菌EC-12があなたにぴったりでなくても、活性乳酸菌がフォローしてくれるので結局は乳酸菌のパワーをきちんと受け取れるんです。

乳酸菌EC-12は死菌と言って、「生きている」わけではないのですが、最近の研究ではこの種類の乳酸菌は特別「生きている」状態でなくても、腸内では同じ働きをすることがわかっています。

ですから、生きた状態というちょっと生物として不安定な状態にしておくより、この乳酸菌は死菌の状態の方が安定して腸内に届くことから、こちらは死菌が配合されています。

(※死菌って大丈夫?と思われるかもしれませんが、例としては予防接種のワクチンでも「不活化」と言って菌を死菌化しているものはたくさんあります。具体的には不活化ポリオワクチンなどは安全性のために「故意に」不活化して利用されているのです)

一方、生青汁には乳酸菌EC-12以外にも、生きている乳酸菌(生菌)の活性乳酸菌が配合されています。

こちらはちまたでよく聞くような「生きて腸まで届く」系の乳酸菌です。

働きとしては死菌の乳酸菌EC-12の方が、乳酸菌としての効能は高いと思われているのですが、生きた乳酸菌は腸内の善玉菌を増やすためにより時短で働けると考えられています。

つまり、生青汁の乳酸菌コンビは「より働きが強い乳酸菌EC-12+早く効きやすい活性乳酸菌」のコンボで腸内環境を速やかにより良い環境へと導いてくれるのです。

また、活性乳酸菌はその刺激が腸内の善玉菌を増やしてくれるので、個人的に「合う・合わない」が出にくいとも考えられます!!

原材料へのこだわりがハンパない!!

現代社会で健康について考える時、まず気にしたいのは「食べ物の産地」だったりしませんか?

made in Japanと言いつつ、原材料が思わぬ原産国だったりすると「ウソ~!」とがっくりしたりしますよね。

しかし、その点においてやっぱり生青汁はこだわり方がハンパないのです!!何をおいても個人的には推しておきたいポイントなんです(笑)

まず、上で取り上げた青汁のベースとなるグリーン(青葉)の産地はもちろん国産。

安定して供給をするために、季節や収穫量によっていくつかの産地が使い分けられますが、国産という部分は譲りません。

しかも、できるだけ農薬を使わない原料を!ということで、害虫駆除は農薬の代わりに「タカ科のノスリ」と言われる鳥さんたちが活躍しているのです。

生青汁以外にも、原料国産を掲げている青汁は実際他にもあります。

ありますが、農薬を使わないために農法にまでこだわっていることはやっぱりご紹介したい点だったんですよね。

世に出回っている青汁の中には「原料どこ産?」「この添加物は何?」「これって香料じゃないの?これって着色料じゃないの?」というものも正直あるんです。

そんなものを「安いから」という理由だけで飲んでいたら、逆に体内に何が溜まるかわからないですよ~~!!(涙)

世の中の青汁と「生青汁」はここが違う!!

さてさて、ここまであなたにぜひ1度は飲んでもらいたい「生青汁」についてアウトラインをご紹介してきましたが…。

実際に飲むとなると気になることがありますよね?

そう、それは「味」!

やっぱり青汁って、どんなに身体に良いよと言われても、その味がダメで続けることができなかった~という人も多いわけです。

生青汁についてはこの味こそ、おすすめしたいポイントの1つになっているんですよ!

あなたはお酒を飲みますか?

お酒によく合う

青汁の紹介なのに「お酒」って何?と思われたあなた、びっくりしたかもしれませんが、どうですか?あなたはお酒って飲みますか?

もしこの答えがYESだったら、生青汁のおいしさをわかってもらえること間違いなしです!

というのも、実はこの生青汁、お酒との相性良くなるように工夫されていたりするからです。

なぜって、やっぱりお酒をたしなむ人には誰よりも健康に気遣ってほしいじゃないですか!

生青汁はその点を考慮してあって、あの「cafe & bar PRONT」でも採用されていいます。

他にも全国の居酒屋やバー、クラブでも多店が生青汁を採用して、青汁ハイにしたり、生青汁ハイボールにしたりして提供しています。

もちろん、自分好みに生青汁割りで飲む人もいますし、お店によっては店員さんや店長さんの方が生青汁ハイなどにはまっているところもあるんですよ(笑)

現在は都内を中心に700店がこの生青汁を採用していて、今もぞくぞくと採用店舗は全国で増加中。

飲みやすさや(居酒屋での出会いやすさ?)はやっぱり「生青汁ハイ」ですが、個人的には生青汁ドッグがおすすめです。

生青汁が飲みやすいわけは「緑茶」と「ほうじ茶」にあった!

生青汁のベースグリーンには緑茶とほうじ茶が配合されているのですが、これが生青汁を飲みやすく、続けやすくしているポイントです。

もっとも基本的な部分は、大麦若葉がベースなのですが、そもそもこの大麦若葉というのは青汁のなかでも飲みやすいものなんですよね。

それに加えて緑茶とほうじ茶なので、飲みやすくないはずがない!!のです♪

この緑茶・ほうじ茶の組み合わせは、通常モードで飲む分にも美味しく飲めるのですが、なんといっても先にご紹介したように「お酒と合わせるとかなりイケル」ように考えられているところがみんなにウレシイですよね~~♪♪

愛飲者にはやっぱり「○○な人」が…

生青汁がその他大勢の青汁と決定的に違うのは、先もご紹介したように「お酒を飲む人」にも配慮しているという点。

ですから、愛飲者には「お酒大好きです!」という人が多くいます。

もちろん、お酒抜きで飲んでも美味しいし、健康に良いので、そうした愛用者もたっくさんいますが。

ただ生青汁は、健康には気を付けたい、でもお酒を飲むのを完全に辞めるのはいやだな…、でもでもやっぱり健康になりたいんだよ!!という愛すべきわがままさんにこそおすすめしたいんですよね。

おいしさと効果で言うと、子どもから高齢者まで老若男女を問わないので、家族みんなが「自分に合うスタイル」で生活に取り入れられるというのもおすすめしたいポイントなんですよね!!!

大事なことがだから2回言っちゃいます(笑)

上でもご紹介していますが、生青汁は「生きている」酵素と乳酸菌がた~~っぷり配合されているのが健康を気遣う身としてはやっぱり推しです。

そして、お酒好きにこそ愛されるように、「お酒と合わせても美味しい」という点を大切にしてくれているところが心をくすぐります。

老若男女、誰にでも飲みやすく効果があるのに、(いつもは健康を考える時に排除されがちな)「お酒好き」にスポットを当ててくれているのはホント嬉しいの一言。

家族の健康を考える奥様が、「自分のために」と言いつつ飲んで、本当に飲んでもらいたいお酒が好きな夫におすすめすることもできるのです。「これ、お酒で割っても美味しいよ」と…。

生青汁を始めたことによるこの「腸内すっきり感」と「毎日なにげにイイ感じ」という気持ちと人生を、ぜひあなたにも手に入れてほしいですね!

☆生青汁を最安値で購入できる公式サイトはここ☆

green_btn

The following two tabs change content below.
ミチコ

ミチコ

当サイトでは、日本国内の数多くある青汁を徹底的に「成分」「価格」「飲みやすさ」の点から比較しているサイトです。青汁の製造に長年携わってきた管理人だからこそお伝えできる本当におすすめできる青汁を、あなたも一度試してみてください。