この記事は約 14 10 秒で読めます。

美力青汁healthy

green_btn

女性の出産年齢が上昇し続けている現代ですが、医療技術の進歩もあって、昔ほど高齢出産によるリスクって見えにくくなっています。

ただ、いくら時代的に技術進歩があると言っても、「生物の体」としては、高齢出産にはそれなりの負担がかかってくるのは今も昔も変わりません。

さらに現代社会においては特に高齢というわけではなくても、そもそも生活リズムが乱れやすい社会ですし、栄養バランスも上手にとりにくくなっているので、そういった面では妊娠や出産を「しやすい」状況ではないと言えるかもしれません。

「妊活」という言葉まで出てくるように、「自然な妊娠」を努力しないで得るのは難しい社会とも言えるかもしれないのです。

そんな中で、少しでも栄養バランスのとれた毎日を送りたい!とか出産後の多忙な時期でもママにも赤ちゃんにも良いものを口にしたい!という人が選んでいるのがここでご紹介する「美力青汁healthy」です。

飲み続けることで女性に必要な栄養素をしっかり補給してくれますし、授乳中などの「ママ業」に頑張っている人にも必要な栄養素が詰まっています。

もちろんこれから妊娠を考えている女性すべてにしっかり摂取しておいてほしい、普段では摂りにくい「あの」栄養素もたっぷり。

あなたが女性として輝き続けたいと願っているなら、自分の生活を振り返って、不足している栄養をぜひ補充して欲しいな、と思います。

健康について何もしない毎日を過ごしていたら、それだけで自分の身体は「負債」を抱えているのと同じ、なんですよね。

「妊活」はすでに始まっている?!1日でも早い対策が功を奏す

妊活のために

「妊活」と言う言葉が一般的に使用されるようになったのはいつ頃からでしょうか。

今ではすっかり定着した感もありますよね。

女性の社会進出に伴って、妊娠年齢や出産年齢は上がってきているのは周知の事実ですが、だからと言って生物としての女性の「妊娠適齢期」や「出産適齢期」も上がっているかというとそんなことはありません。

メディアなどで有名人が高齢出産でも「難なく」子どもを産んでいるような報道がありますが、裏側では本人や周囲はかなりの努力や気遣い・サポートをしていたはずです。

その部分はあまり表立っては報道されませんが……。

妊娠や出産に関して言うと、江戸時代などでは35歳を過ぎてからの出産では「かなり」リスクがあると思われていたので、その当時なりに考えたサポートをして出産体制を整えていました。

このことからもわかるように、医療技術の進歩で、大きな事故などは少なくなってはいますが、生物としてはやはり高齢で妊娠・出産をするというのはハイリスクなことなんです。

また、これは学校で特別に習うわけではありませんし、メディアで大きく取り上げられるわけでもありませんが、ある意味「産科医」業界においては常識である事実があります。

それは「自然妊娠を望むなら閉経前10年はすでにかなり難しいと思え」ということです。

一般的に閉経の平均年齢は今も昔も変わらず50歳となっているのですが、その平均年齢で本当に閉経をすると考えると、40歳からは正常な細胞での排卵はしていないと考えなければならないのです。

40歳~50歳まで、月経が来ていたとしてもその期間の月経と言うのはすでに卵自体は「正常な細胞」であることが非常に少ないんですね。

確かに40歳を超えて妊娠や出産をしている人もいますが、そうした人は陰でかなりの治療なり努力なりをしていたと考えた方が良いんです。

では本当に人間が生物として妊娠しやすかったり、妊娠を継続しやすかったり、出産・育児がしやすい時期っていつ?と言うと20代半ば~30代前半くらいと言えるんですよね。

実は卵子というのは35歳から「老化」を迎え始めるので……。

ですから、妊娠したい!子どもが欲しい!と思っている女性も、「いつかは…」と漠然ながら思っている女性も、頭のどこかに「子どもが欲しいよ」と言う気持ちがあるなら、1日でも早く「妊娠しても大丈夫」な準備をしておく必要があるのです。

現代社会のような多忙でストレスフルな生活において、自分の身体と向き合わずにいるままというには、妊娠したいと思っている女性にとっては「不妊活動」をしているようなものです。

ただ、毎日が忙しすぎて、そんなに自分の身体と向き合う時間がたくさんとれないのも確かに事実。

ではどうすれば短時間で簡単に、自分の身体を健やかにできるのかというと、そこで使えるのが「女性のための健康補助食品」ということになるんですよね。

女性が普段から摂取しておきたい栄養素は……?

美容に気を遣っている女性なら、毎日の食生活で野菜が不足していればビタミン系のサプリとか、食物繊維系のサプリを摂取していたりしませんか?

確かに美容に関して言うと、ビタミンや食物繊維を補充するのって大事です。

でも、女性として妊娠や出産を考えているなら、そこに「葉酸」もぜひ入れてほしいんですよね、

葉酸と言うのはビタミンの名前で表すとビタミンMもしくはビタミンB9と呼ばれる栄養素で、妊娠をすると必ず「積極的に摂ってくださいね」と言われます。

これはなぜかというと、葉酸を摂取することで胎児の「神経管閉鎖障害」のリスクが減らせるという報告があるからなんですよね。

日本では厚生労働省が、妊娠を計画している女性は、食品からの摂取に加えて「栄養補助食品」から、合わせて1日0.4mgの葉酸を摂取するように呼びかけているほどです。

ここで注目したいのは、産科で言われるように「妊娠している女性」だけではなくて「妊娠を計画している女性」にも呼びかけている点なんですよね。

簡単に言うと、妊娠したいと少しでも考えているなら、女性は葉酸を摂っておいた方がイイよ、と言っているわけです。

でも、実際のところ、結構な量の野菜を摂取しても葉酸って摂りにくいので、現実的には栄養補助食品が必要です。

もしマタニティコーナーのサプリメントを見る機会があったら見てみてもらいたいのですが、マタニティコーナーのサプリには「葉酸」を含んだものがとってもたくさん種類があるんですよ。

この「葉酸」が美力青汁healthyにはたっぷり含まれていて、たった1杯の美力青汁healthyが1日の葉酸の量をしっかりカバーしてくれるんですよね!

葉酸と言うのは、妊娠中に1日400mg、通常でも女性は240mgを摂取した方が良いとされているので、美力青汁healthyを飲むことで「他の栄養素」もクリアしつつ、葉酸も充足できるというのがなんとも嬉しいところなんです。

他にも、美力青汁healthyは鉄分やカルシウム、マグネシウムに食物繊維と言った「美しさ」をサポートしてくれる栄養素も通常の食品では補いきれないくらい入っているので、妊娠していなくっても美容に健康にプラス。

女性が必要としている栄養素って日常生活では十分に摂りきれないものが多いので、そうした「痒い所に手が届く」的な配合がしてあるのが、美力青汁healthyの最大の魅力と言えるかもしれません。

妊娠前は仕事に忙しい毎日で、なかなか自分のために時間をとりきれません。

妊娠中はつわりや出産準備、何より赤ちゃんのために無理はできないので、それこそ自分と向き合う時間はとりにくくなります。

出産後は言わずと24時間フル活動で、自分のことなんて後回しになってしまうことの方が多くなることも方が多くて……。

結局自分のために「毎日」時間をとるのが難しい日々が続く中で、美力青汁healthyは簡単にしかも「しっかりと」健康と美容をサポートしてくれるのが本当に「女性のため」と言える秘密なんですよね。

女性にウレシイ栄養素は実は「摂取しにくい」んです

葉酸とはいったい?

上でもご紹介していますが、女性には「葉酸」というあまり聞き慣れない栄養素が実はとっても大切。

でもこの葉酸って、本当に「日常生活」で自然に摂ろうとすると難しいんです。

一般的に葉酸をたくさん含んでいるものと言うと「鶏レバー」「牛レバー」「豚レバー」が非常に含有量が多いのですが、はっきり言って毎日これらを十分な量食べることなんてできません。

しかもレバーが苦手なら食べることすらできません……。

他にはうなぎもや焼きのりなどにも非常にたくさんの葉酸が含まれているんですが、いかんせん、100gとしてカウントしている葉酸量なので、焼きのりなんて毎日100gも食べられません……。

身近な食材では枝豆やモロヘイヤ、イチゴも多く葉酸を含んでいますが、これらも「毎日」多量に食べられるかというと現実的には「……」と言ったところ。

でも葉酸って不足し過ぎると「悪性貧血」を引き起こすこともあるし、本当に不足しない方がイイ栄養素なんですよね。

美力青汁healthyはこうした「必要だけど摂りにくい」という部分に注目をしているので、1杯で1日の葉酸が摂りきれるように工夫がしてあります。

そして、何も「妊娠を考えている人」だけに合うように作られているわけではないので、女性全般のことを考えて、鉄分やマグネシウムなどもしっかり配合しているんです。

女性って月経で出血するし、そもそも鉄分って食事から十分には摂りにくいしで貧血気味な人がすっごく多いんですよね。

葉酸と鉄分がしっかり摂れれば、血液はきちんと満たされるし、血液が充足してくると毎日に活気が出て疲れにくきなるし、日々の活力が違います。

「私は朝が弱い……」と自覚している人は、朝が弱いというより「血液が足りていない」のが原因で朝が弱くなっているだけかもしれません。

そうした症状に、美力青汁healthyで栄養補給できると随分身体が軽くなるように感じますよ。

肌荒れも繰り返す口内炎も、基礎的な貧血状態を改善することでかなり色々な症状が改善されるのです。

目の下のクマも、肌のくすみも「こんなに簡単に改善するの??」というくらい効果が見えてくるのも、美力青汁healthyを続けていればわかるはず。

摂りにくい栄養素を美味しく楽しく摂り続けることで、あなたの明日は確実に明るい未来へとつながっていくのです。

女性の悩みと言えば……

便秘の解消にも効果的

妊娠とか出産とか関係なく、多くの女性の悩みと言えば「便秘」ではないでしょうか?

野菜を十分摂っていても、適度な運動をしていてもなぜか順調なお通じがこないことの多い女性。

これは女性ホルモンのバランスだったり、精神的なものだったり原因は食事以外にも色々とあるのですが、やっぱり直接的には「効果ある食物繊維が少ない」という部分に行きつくんですよね。

また、便秘って順調なお通じが来ないというしんどさだけじゃなくって、便秘によって肌荒れがひどくなったり吹き出物が増えたり……というのもツライんですよね。

肌荒れが進むとメイクのノリも悪くなるし、顔色もくすんできて気持ちまでダウナーな感じに。

たかが便秘と思える女性っていないんじゃないでしょうか?

こうした慢性的で通常的な悩みについて、美力青汁healthyは「たっぷりの効果的」な食物繊維で対抗してくれます。

美力青汁healthyにはレタスの約36倍の食物繊維が入っていますし、オリゴ糖も配合されているので便秘には本当に効果的。

美力青汁healthyを飲み始めて最初に体感として効果を感じることができるのはきっとこの「便秘解消」についてでしょう。

そして続けて飲むことで鉄分による身体のすっきり具合とか、肌のハリツヤの違いに気づいていけますよ。

美力青汁healthyは「女性」視点だから本気度が違う!

ママにも安心

美力青汁healthyが妊娠を考えている女性、妊娠中の女性におすすめであることはこれまでもご紹介してきた通りですが、なぜここまで「女性の味方」であるのかというとここにも秘密があるんですよね。

それは美力青汁healthyを生み出すことに関わった2人の女性。

その女性とは、著名人も多く通うエステサロン「ミッシーボーテ」のエステティシャン髙橋ミカさんと、ミッシーリスト代表の花澤 忍さん。

女性の美しさと健康に向き合ってきた2人が、これまで以上に女性の健康と美、そして人生に寄り添える健康食品を……と考え出したがこの美力青汁healthyなんですね。

もともと美力青汁healthyは、ミッシーリスト代表の花澤 忍さんがつわりで食事もままならなかった時に利用していた「美力青汁」がベースになっている製品です。

つわりでしんどかった時期に、美力青汁で何とか栄養補給をしていたという花澤さんが、自分の体験を通して「もっと妊婦さんや赤ちゃんにウレシイ製品があったら!」と考え出したということです。

こうした過程があるので、美力青汁healthyができると美容と健康に意識の高い女性芸能人からいち早く注目され、青汁にしては珍しく各種の女性雑誌に取り上げられるようになりました。

さらに、女性芸能人の間で口コミでも広がって、ブログなどでも美力青汁healthyを利用していると言っている人も多いんですよね。

この「女性としての女性のための視点」というのが美力青汁healthyの強みであり魅力です。

飲み続けてほしいからこだわっている

美力青汁healthyを飲んでいる人は、多くが「妊娠中に飲み始めた」という人です。

ただ、そうした人は「栄養補給」と「美容のため」に産後もずっと飲み続ける人が多いんですよね。

最も、妊娠中に栄養がたくさん必要なのは言うまでもないのですが、本当にもっともっと栄養を考えて摂った方が良くなるのは産後、授乳を始めた時期からなんですよね。

さらに、授乳中もずっと飲み続けていると、いつの間にか子どもも一緒に美力青汁healthyを飲める時期になって…という流れで母子で美力青汁healthyを飲むようになっている人も多くいます。

そうなると気になってくるのが「原材料への安心感」。

健康補助食品である青汁などはどの製品も「それなり」に安全性にこだわっているのは確か。

かなり安全性に気を遣っている製品であれば原材料のほとんどが国産だったりしますが、美力青汁healthyがこだわっているのはそれだけではないんですよね。

ベースとなる大麦若葉は九州産、農薬はもちろん不使用、しかも保存料や防腐剤は無添加。

ただ、ここまでなら他の青汁でもこだわっているものはあります。

美力青汁healthyが注目したいのは「放射能測定済」でさらに「残留農薬検査済」であるということ。

放射能測定をした結果、美力青汁healthyには放射性セシウムも放射性ヨウ素も検出されませんでした。

残留農薬についても262項目もある検査項目すべてで「残留農薬検出せず」という検査結果が出たんですね。

こうした安心や安全へのこだわりが「美力青汁healthyを続けたい」「子どもと一緒に飲んでも安心」というリピーターの気持ちをつかんでいるんです。

そして、美力青汁healthyはカフェインの量にもこだわっているので、含有カフェインは極微量の「0.000g」。

もうほとんど含有していないのと一緒ですよね。

これが妊娠中も授乳中もママが安心できる理由の1つにもなっていますし、子どもにも安心して飲ませられるゆえんになっているんです。

女性視点の青汁というのは、美力青汁healthy以外にもたくさんあるのですが、美力青汁healthyほど「ママ視点」にこだわっている青汁は本当に少ないのが現実。

女性としての美しさを諦めることなく、ママとしてこだわりたい部分も寄り添ってくれる青汁を始めることで、きっと毎日はもっともっと輝いてくるはず。

気持ちが落ち込むとか、なんか調子が良くないとか、そうした悩みを持ち続けて、しかも食生活のバランスも整わずに妊娠の可能性も低くしてしまう……そんな毎日を過ごすのはツライですよね。

毎日を頑張っているあなただからこそ、「簡単」に「手軽」に健康も美容も、明るい毎日も手に入れてほしいと思うのです。

野菜不足とか栄養不足とかで「私ってこのままの生活で大丈夫かな?」と不安を抱きながら過ごす毎日に、美力青汁healthyのサポートで希望をもっと増やしてみませんか?

たった1日、対策を始めるのが早いだけで、幸せがつかめる日がずっとずっと早くなるはずですよ。

☆美力青汁healthyを最安値で購入できる公式サイトはここ☆

green_btn

The following two tabs change content below.
ミチコ

ミチコ

当サイトでは、日本国内の数多くある青汁を徹底的に「成分」「価格」「飲みやすさ」の点から比較しているサイトです。青汁の製造に長年携わってきた管理人だからこそお伝えできる本当におすすめできる青汁を、あなたも一度試してみてください。